言葉変換『もんじろう』用アイコン 先端が本体に垂直な日本式のピンセット   

2010年 07月 06日

このような顔を最初に体毛を除去する行為は、高貴な位置を示すステータスシンボルに行く。 12世紀に栄えたクメール王朝のものと推定されている青銅製の器具で、ピンセットのような形のものが現存する。物体をしっかり止め、変えることができるように先端部分は凹凸がついており、現代的なピンセットとほぼ同じ機能がある。使用目的が脱毛にいたのか正常に動作するために使用されている、あるいは頭の留め睡眠(かんざし)などの装飾品だったのかは不明であるが、ピンセットとしている。 平安時代(8-12世紀)日本では、表面が滑らかで、同種の貝でも、他のことは決して合わない貝貝の外側の部分を書き、額に微細を確保するために毛抜きとした。額の微細構造のどのような毛損失の処置は、13世紀頃のイギリスで行われており、女王の肖像画で、脱毛の存在を計り知れないほどです。 李用具ピンセットの形態は、1つの金属製の棒を加工して2つに曲がるときに発生するスプリングの特性を利用した日本と事前に変形を持たれた2つの金属板を溶接で溶着して、バネ特性を持たせたものとに分類される。 用途は主に煙の頭と眉毛や鼻毛、陰毛など、細かな部分の毛を整えるために、頻繁に使用されている。逆睫毛場合にも使用されている。越後高田(ジョエスシ)にも(東京)など、昔の工芸品として伝わったゴトドエド毛抜きで伝統的工芸品化された作品と宝石品などを飾ったピンセット作成毛抜き職人も存在する。前述のように、かつては貝のような皮がちょうど合う貝がピンセットのために使われたことも、江戸時代以降の鍛冶屋や工芸品の開発に鉄素材の主流となった。最近ではステンレスが主流であるが、チタンや貴金属で作成されたものもある。 国宝"梅蒔絵手箱"(静岡三島神社蔵、13世紀)には、他の化粧道具と一緒には、ピンセット(鑷)が含まれている。同様のは、ピンセットは熊野速玉大社の古い神宝装置手箱(11点が現存、1390年ごろ、国宝)と和歌山阿须贺神社伝来の"松椿蒔絵手箱"(京都国立博物館蔵、1390年ごろ、国宝)も含まれている。これらは神宝として奉納されるものなので、当時実際に使用されていたサイズであるかどうか不明である(神宝はいつもより大きくすることが多い)の姿は、当時使用されていたことを忠実に再現しているようだ。 穂积陈重の『板倉の茶臼、大冈の鑷'("法窓夜話"所载)は大正4年もの博覧会で大冈忠相の記念品をピンセット(鑷)を見たことが書かれている。これによると、大きく7インチ、小さいものでも3値の大きさで、穂积時代より数倍の大きさだったという。 ピンセットは、化粧道具として分類され、男女問わず使用している。他の人に髪を整える方法に頭を剃ることやはさみがある。美容器具としてのピンセットは、手動でオブジェクトを1つずつ削除するタイプの電動で広い面積を処理するタイプに大別される。 和風のピンセットは、魚の骨を抜くための無気力に置換されている場合もある、日本式のピンセットの先端が本体に垂直なものが多いのに対して弱気の先端は45度程度に期待している。
[PR]

# by poitrj054 | 2010-07-06 12:29