言葉変換『もんじろう』用アイコン 出生発毛がないか、あってもわずかな場合   

2010年 07月 07日

脱毛症やいわゆる禿げては、高齢化や病気などで頭と体の毛が抜け落ちることだ。ある割合が、男性は年齢とともに自然に毛が不足して、いわゆる禿げとなる。これは男性ホルモンのアンドロゲンの作用によるものである。女性はこのホルモンがわずかに分泌されるため、年をとるにつれて頭の分け目が薄くなり、頭皮が見えやすくなることができます。また、病的であることを脱毛症と例としての円形脱毛症挙げられています。 抗生物質などの薬物の副作用も脱毛が発生し、患者への精神的な負担をもたらす(QOLの低下)。主に頭髪が失われた頭部を取り出すする場合は、かつらや植毛の技術が使用されている。そして進行を抑制するための育毛剤なども開発されている。原因となる皮膚疾患やその他の病気を治療することも重要である。 さらに、元の生えていた毛を失う、出生発毛がないか、あってもわずかな場合は、無毛症に区別される。 ストレスの関連性最近でも、ストレスが関連していると指摘されている。 毛の無い状態の言語表現[編集] いわゆる禿げた頭の毛がなくなった皮膚には中にも、"つるつる"や"つるぴか"などのような擬態語が異なった文脈で使用されている。また、思春期を過ぎても陰毛が生えてか、非常に少ない女性は、一般的パイパンと呼ばれる(しばしば猥褻なニュアンスを伴う)。本来は無毛症に使用される言葉であるが、剃ることに陰毛を取り除いた女性パイパンというものがある。無毛症と同じではないか。これらの例のように言語の用法についてはあえて区別されないこともしばしばある。
[PR]

by poitrj054 | 2010-07-07 16:28

<< まつげが長いのが"女... 先端が本体に垂直な日本式のピンセット >>