言葉変換『もんじろう』用アイコン 免許がない人がレーザー脱毛をすると医師法違反   

2010年 06月 24日

針脱毛と医療レーザー脱毛 大阪は医療行為として医師がないエステの営業に法的な問題があった。また、高額な内容であるにもかかわらず、その場で契約しようとしているなどの問題もあった。厚生労働省が2001年に医師免許がない人がレーザー脱毛をすることは医師法違反"と通知したを受け、それぞれのエステサロンは、業界の再編とそこでの検討を経て、レーザ出力を一定値以下に抑制するなど対応している。しかし、2009年、神戸など近畿中国地方の西日本地域の店舗を運営しているエステチェーンが医師免許を持たない従業員にレーザー脱毛を行っていたことが判明し、兵庫県警察は、医師法違反の疑いで調査を実施している。この店の顧客には、火傷などの問題に苦しんだ人もいる ワックス脱毛( - だつもう)は、脱毛法の一種である。 脱毛に開発されたワックスを肌に塗り、毛とワックスが付着性質を利用し、これを引きはがすことによって、毛を毛根から除去する方法である。 家庭で自己処理のために、常温で使用するジェルのものや、シートに塗布されている状態で、市販されているものもある。 エステで使用される業務用ワックスは、常温で固体であり、金属製の缶に入った状態のヒーターで加熱して融合させて使用する。このとき、木製の使い捨てスパチュラを使用して、ワックスを脱毛部位に塗ります。ワックスは、綿や不織布になった当て布を使用して、引き破り、ソフトワックスと呼ばれるもので、ワックス自体が固体化された性質のハードワックスと呼ばれるものがある。 適用部位頭髪と男性のひげには向いて。それ以外は、ほぼすべての身の毛のよだつように適用することができる方法である。 自己処理することができる部位は足、腕、脇の下、ビキニラインなど、自分の手と目が十分に届く範囲に限られる。 鼻毛は脱毛に適していないと考えている場合が多く、日本のエステサロンで施術をしていない場合が多い。しかし、ハードタイプのワックスをスパチュラを塗り、鼻に挿入して、固まったところを引き出す方法がワックス脱毛の教育用映像で紹介されており、一部のエステで実施されている。 ビキニラインよりも、内部の陰謀をワックス脱毛しているブラジリアンワックス脱毛と呼ぶ。
[PR]

by poitrj054 | 2010-06-24 18:37

<< JBWAで認定講師技能試験を実施