言葉変換『もんじろう』用アイコン まつげが長いのが"女性らしさ"とする文化   

2010年 07月 09日

まつげの毛包は、まぶたの脂腺やまつげ動脈などの腺と関係している。 化粧 メイクアップされたまつげ。すべての文化全般ではないが、まつげが長いのが、"女性らしさ"とする文化は、多くの人為的に長くより示したいと思う傾向があり、お化粧も、それを志向するものがほとんどである。まつげを彩る化粧品の歴史は、青銅器時代にまで遡り、その時代には、コール(kohl)と呼ばれるマスカラの一種が既に持っていた。 まつげを強調目の重点ほぼ目的を同じして、マスカラ、アイシャドー、アイラインなどと組み合わせて総合的にアイメイクと呼ばれる。 20世紀には、つけまつげが人気になり、1960年代にそのブームはピークを迎えた。最近では、まつげを太く長く丈夫にする効果が期待できる"まつ毛美容液"とカテゴライズされている商品も市場に流入し始めた。 補助器具としてビューラーまたはアイラッシュ・カーラーとまつげを挟んでカールし上部の先端を持っていることに目を大きく見せて、マスカラの雰囲気を良くする、はさみの形の化粧道具のことである。 いわゆる化粧品の適用範囲外のが"まつげエクステンション"("まつ毛エクステ"、"まつげエクステ"と略される場合もある)という名前の上のまつげに人工毛などを装着し長さと数を増やすことができます。元の髪の技術だったパーマネントウエーブを与える方法もあり、植毛を美容整形にする技術もある。
[PR]

# by poitrj054 | 2010-07-09 17:38